Step 3 引越準備 - 日本トランスユーロ
11534
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-11534,page-parent,page-child,parent-pageid-11043,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,qode-theme-ver-16.8,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive

Step 3 引越準備

Step 3 引越準備

荷物の仕分けラベルを入手する

【もっとも重要!】

荷物の仕分けはお客様でしかできません。仕分けがきっちりできておらず、荷物が混乱しているご家庭では、頻繁に問題が発生しています。(例;航空便で送りたい急ぎの荷物が船便になっていた。海外に送る荷物が実家に届いた、、、) 荷物が混乱している事が原因で、お客様の指示ミスや、荷物混乱が引越業者の誤解を招いた結果です。

一目瞭然となる仕分けをしてください。

【整理が苦手な方へ】

整理収納アドバイザー2級保持者による事前出張仕分け(有料)もご用意しています。

日本に残すもの

荷造り完了イメージ

  • 不要品

    • 個人売買サイト(メルカリ・フリマ・ヤフオクなど)で事前に売却

    • Book OFF/Hard OFFなどに持参し売却(小物)

    • リサイクルショップに連絡し、事前査定を依頼(大物)価格合意したら、引越作業前には引き取ってもらっておく

    • 粗大ごみ

      ⇒ 粗大ごみの日にごみ置き場へ

      ⇒ 引越業者に有料で回収・処分してもらう

      ⇒ 家庭ごみの ごみ出し日 と 引越日 を要確認。ゴミ出しできない方は、引越業者に有料処分を依頼

  • 実家へ発送するもの
  • トランクルームで保管するもの
  • 【整理収納アドバイザー2級】保持者が、荷物整理のお手伝い! 日程・場所等により価格は個別案件毎にご提示します。

アドバイス

引越業者から段ボールを入手

荷物を仕分けする際に、段ボールがあると積み重ねができるので便利。大きな箱で梱包すると、自分で移動できない重さになる事もあり、かえって不便に。小さい箱を多めに入手して準備すると良いでしょう。

自分でも、荷物の梱包する場合

海外へ送る荷物は、1箱ずつ 内容品リストが必要となります。梱包やリスト作成は、引越業者が作成しますが、荷物の仕分けと兼ねて自分でもやってみる、、、という方は、

  • 引越業者から、連続番号になっている荷物の番号シールを入手。梱包終了後は側面から見える位置に、番号シールを貼り、完成した箱から順々に縦方向に積み重ねてください。

    (番号シールなしに採番している方は、番号の重複や欠番がおきています。欠番があると、もともと存在していないものが『○○番の箱がなくなった』と混乱の原因になります。連続番号の荷物シールなら、重複も欠番も発生しません)

  • 内容品リスト
    どんな荷物が入っているのかをメモしてください。引越当日に、業者がパッキングリストに転記します。

(ご自分の備忘録ノートに内容品を記入される方は、箱の番号毎に内容品を記入し記入済みノートを引越当日、業者に渡して、パッキングリストに転記してもらってください)

荷物の番号シール

免税品を購入する場合

日本人でも、渡航する際のE チケットとパスポート原本を提示すると免税で購入できます。購入する際に、店舗で品物は開封できないように封印ビニール袋に入れる場合があります。開封せず、未使用のまま荷物にいれてください、(現品照合検査はありません。手荷物、船便、航空便、ご随意に輸送いただけます)

中古の変圧器なら、新品価格のほぼ半額!

変圧器は簡単には壊れません。新品を購入されてくる方が多いですが、中古品で十分です。日本でもワット数の小さいものは多数ご用意しています。弊社にお問い合わせいただければ大容量のものも事前にフランス側で用意しておけます。

変圧器

【送れないもの】

  • 現金・貴金属・宝石・宝飾品・有価証券・免許証などは、ご自身の手荷物としてお持ちください
  • 生もの、などの経時変化するもの
  • 爆発物 (ライター、マッチ、調理用ガスボンベなど)
  • 動物のはく製 (ワシントン条約で禁止されているもの)
  • 所持しているだけで犯罪となるもの(麻薬・覚せい剤・銃器・ポルノなど)

okurenaimono
象牙

【自己リスクでご判断されていただく荷物】

  • 代替がきかないもの(アルバム・記念品など)

    輸送には紛失や破損するリスクがあります。心情的価値やこころのダメージについては、補償されないことを理解した上で、自己リスクで輸送荷物にされてください。

  • 『CEマーク』 ※ のない電気製品

    フランスの税関により実物検査となった際に輸入を認められないリスクがあります。
    ※ https://www.jetro.go.jp/world/qa/04S-040011.htmlnew_window_pdf

  • 食料品

    スーパーなどで市販されている日本食品は、個人消費の範囲で輸入が認められています。
しかしながら、どれだけの分量が個人消費か、明確な明示がなく、担当官の個別判断となります。

    航空便の場合は、食品非混在の旨の宣誓文の提示を要求されており航空便での輸送はお控えください。手荷物としてご自身でお持込いただくのが一番スムーズです。

    船便の場合、フランスでは書類審査が基本。税関による実物検査はまずありません。万一、実物検査の指定となり、食品の輸入が認められなかった場合は任意放棄となりますが、問題は、任意放棄までの手続きに長時間がかかり、食品以外の荷物すべてがストップされてしまいます。結果責任は負えませんゆえ、弊社は免責とさせていただきます。あくまで、自己リスクで送るか否か、ご判断願います。

アルバム
食品

【お持ちになるのをお勧めします】

  • 文房具 (可愛いものや、おしゃれなものは、極端にすくないです)
  • 罫線ノート (方眼ノートが基本のフランス、書きにくいと思う方は日本製のものを)
  • 長袖シャツ (欧米人サイズは腕が長く、日本人には会わない事があります)
  • 日仏・仏日 医療ガイドnew_window (これ一冊あれば、両びきできるので、フランス人医師とも意思疎通可)
  • 運転ガイドpdf (自動車のみならず、レンタル自転車・スクーター・トロチネット(キックボード)の情報も網羅)
  • 常備薬  (慣れ親しんだ日本の市販薬は安心できますね)

    フランスの薬局で販売している常備薬ガイドはこちらnew_window

« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »